RSS Feed

ヒメスズメバチ


ヒメスズメバチに関する記事はこちらを参考にしてください。

 

 

ヒメスズメバチは、オオスズメバチの次に大きなスズメバチで、
24mmから37mmにもなります。腹部の部分が黒く、比較的簡単に
その他のスズメバチと区別する事が出来るはずです。

ヒメスズメバチはとてもおとなしく、巣の規模も小さいです。
また木の空洞、屋根裏などの閉鎖空間に巣を作るという性質があります。

ヒメスズメバチはアシナガバチのみ捕獲し、これを幼虫の餌とします。
そのため、アシナガバチの生活史に密着・依存した状態で生活しており、
その他のスズメバチに比べ、生活史が短い傾向にあります。

餌をアシナガバチの幼虫やサナギに依存している為このような短い
生活史となったのでしょう。

基本的には閉鎖空間に巣を作るため、屋根裏などに巣があっても気が付かない
場合もあり、おとなしいスズメバチとはいえ注意が必要です。

ヒメスズメバチは、スズメバチの中で一番営巣期間が短く、基本的には
8月には子育てを終えてしまいます。

女王蜂は5月から6月ころ越冬から目覚め、7月には働き蜂が、8月には
新女王蜂と雄蜂が出てきます。そして9月には、営巣を終えます。

ヒメスズメバチは、その大きさからはちょっと考えにくいような
小さな巣しか作りません。その他のスズメバチは、いかに大きく巣を作り
自分達の力をアピールしているかのように営巣を行いますが、
ヒメスズメバチはちょっとこの道からは外れてしまったようです。

ヒメスズメバチは餌として狩るのはアシナガバチだけです。

アシナガバチ各種の巣を襲い、幼虫またはサナギを巣穴から引っ張り
出しては体液のみを吸い、自分の巣へ持ち帰ります。

アシナガバチの成虫は狩らないだけでなく、他の昆虫も襲いません。
アシナガバチにとっては恐ろしい天敵かもしれませんが、
なんとも風変わりな食性を持つスズメバチです。

コレとは別に、他のスズメバチと同様に樹木の樹液は好きなようで、
甘い物はベツ腹のようですね(私と同じ??)。

ヒメスズメバチは体が大きい割には大変おとなしく、巣に近づいた
ぐらいでは攻撃はしてきません。温厚なスズメバチです。

ですが、ヒメスズメバチだってスズメバチ。

もちろん下手に巣に刺激してしまえば刺されます☆

巣を刺激してしまうと、威嚇行動をとります。人の回りを「カチカチ」
という警戒音を出しながら、飛び回りますので、どうぞ注意してください。

大きさが、オオスズメバチの次に大きいので、
威嚇し飛び回られるとかなり迫力あります。

 



◆関連リンク

・ヒメスズメバチ(スズメバチPCサイト)

・ヒメスズメバチ(スズメバチ携帯サイト)

スズメバチを研究した、三重県山里の生け捕りスズメバチハンターにて
スズメバチに関するご相談承り中です。

どうぞお気軽にご相談ください。

 

携帯サイトでもスズメバチの情報をお届けしています。

▼携帯サイトはこちら
スズメバチの巣を生け捕り駆除!

携帯サイトURL:http://www.8hiro.com/m/

▼もう一つ携帯サイトはこちら
スズメバチのくらしと対処のしかた

携帯サイトURL:http://www.8hiro.com/m2/

携帯からのアクセス方法ですが、m@8hiro.com に
空メールを送ってみてください。

メール送信後、少し待ってからここをクリックしてください。
携帯サイトなどの情報を自動返信メールにてお知らせします。

上記のQRコードからもアクセスできます。
(※アクセスの際の通信料はお客様の負担となりますので、
予めご了承ください。)