RSS Feed

オオスズメバチ


オオスズメバチに関する記事はこちらを参考にしてください。

オオスズメバチの記事

 

 

オオスズメバチは、会津では6月ごろ女王蜂が越冬から覚め、巣づくりを
始めます。7月頃には働き蜂も生まれ、巣の拡大が続けられます。

9月から10月には、オオスズメバチもピークを迎え、巣の大きさは、
その年最大となります。もちろんこの時期が一番危険な時期となります。

雄蜂は9月から10月頃羽化してきて、10月から11月には新女王蜂が
生まれてきます。もちろんこれは地域によっても多少時期は違ってきます。

オオスズメバチは世界最大級の社会性狩り蜂です。ハチの大きさ、
巣の規模、毒の量、攻撃力どれをとってもスズメバチナンバーワンです。

女王蜂は35~45mmにもなります。働き蜂でさえ27mm以上、
大きい時には40mmにもなります。

オオスズメバチはあごも強力で、噛み付かれるだけでもかなり痛いです。

絶対に刺されたくないスズメバチで、昆虫界最大の捕食者でもあります。
カミキリムシやコガネムシ、カマキリなどの大きな昆虫も捕まえては
持ち帰り、幼虫の餌にします。

また土の中に巣を作るため、巣の発見が遅れてしまいキケンなスズメバチ
でもあります。

秋になり餌となる昆虫が減ってくると、ミツバチやその他のスズメバチまで
ターゲットにし、集団攻撃を仕掛け、幼虫やさなぎを根こそぎ自分達の
幼虫の餌にしてしまいます。

これはオオスズメバチの『マスアタック』とも呼ばれています。

スズメバチって人を攻撃してくるイメージがありますが、これは、
自分達の巣を守るための防衛策なんです。ですから、基本的には
スズメバチの巣に近づかなければ問題は無いのです。

しかしオオスズメバチはちょっとやっかいです。

なんせ相手は土の中に高級アパートを作っています。
その上働き蜂の攻撃性はかなり高く、物音に大変敏感です。

スズメバチに刺される被害というのは7月から11月に発生し、
特に働き蜂が一番多くなる9月から10月が一番危険だといわれています。

この時期は、とにかく山歩きの際など特に気をつけた方がいいですね。

オオスズメバチの攻撃パターンというのは、カチカチという音を出しながら、
2~3メートルの高さをホバリングし、一直線に体当たりをして刺しに来ます。

防護服なしでは、さすがの私も降参です。一度室内でこれを受け、
頭が真っ白になったことがありました・・・。

また人が巣の付近まで近づくと、かなりしつこく追いかけてくるうえに、
脚で敵にしがみつき、あごで噛み付いてから何度も刺してきます。

これは想像しただけで恐ろしいですね・・・。

オオスズメバチに刺されるパターンというのは、だいたい巣の付近を何も
知らないで通ってしまい、蜂を刺激した場合に起こります。
農村地帯で草刈りの作業中や、遠足ハイキング、オリエンテーション、
きのこ採り、狩猟など野山に入っていく場合に被害が発生しています。

また特に問題なのが、このオオスズメバチに刺された時の被害です。
というのも刺された時の痛みや腫れは、全ての蜂の中で一番ひどいからです。

同時にたくさんのオオスズメバチに刺された場合には、蜂の毒のアレルギー
だけでなく、オオスズメバチの毒だけでなくなられるケースがある
という事です。

ちなみにこの毒液中には、同じ巣の仲間を興奮させ、
敵の接近を伝える警報フェロモンが含まれています。

オオスズメバチの警報フェロモンの正体とは。

一番大きくて立派なスズメバチですが、一番危険なスズメバチです。

どうぞ気を付てください!

 


◆関連リンク

・オオスズメバチ(スズメバチPCサイト)

・オオスズメバチ(スズメバチ携帯サイト)

スズメバチを研究した、三重県山里の生け捕りスズメバチハンターにて
スズメバチに関するご相談承り中です。

どうぞお気軽にご相談ください。

 

携帯サイトでもスズメバチの情報をお届けしています。

▼携帯サイトはこちら
スズメバチの巣を生け捕り駆除!

携帯サイトURL:http://www.8hiro.com/m/

▼もう一つ携帯サイトはこちら
スズメバチのくらしと対処のしかた

携帯サイトURL:http://www.8hiro.com/m2/

携帯からのアクセス方法ですが、m@8hiro.com に
空メールを送ってみてください。

メール送信後、少し待ってからここをクリックしてください。
携帯サイトなどの情報を自動返信メールにてお知らせします。

上記のQRコードからもアクセスできます。
(※アクセスの際の通信料はお客様の負担となりますので、
予めご了承ください。)